検査

アミノインデックス 生活習慣病リスクスクリーニング

最終更新日1月 7, 2021 @ 4:57 PM

 

概要

「アミノインデックス® 生活習慣病リスクスクリーニング(AILS)」は、脳卒中・心筋梗塞リスク、糖尿病リスク、認知機能低下リスク、血液中の必須・準必須アミノ酸の状態を評価する血液検査です。

 

 

特徴

1回の採血(5ml程度)で、「10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク」、「4年以内に糖尿病を発症するリスク」、「現在認知機能が低下している可能性」、「現在の血液中の必須・準必須アミノ酸の状態」を評価する血液検査です。

 

血液中のアミノ酸濃度バランスの変動に着目し、現在の健康状態やさまざまな病気の可能性を評価する「アミノインデックス®の技術を応用して開発されました。
 
  

【AILS(脳心疾患リスク)】

・10年以内に、脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクが「0.0〜10.0」の数値で表されます。
・リスク値によって、「ランクA」、「ランクB」、「ランクC」の3段階に分類されます。
・ランクA→B→Cになるにつれて、10年以内に糖尿病を発症するリスクは高くなります。
・「ランクA(約200人のうち1人が4年以内に発症)」を1.0倍とした場合のランク別の発症リスク(相対リスク)は、ランクBが3.9倍、ランクCが11.4倍となります。

 
 

【AILS(糖尿病リスク)】

・4年以内に、糖尿病を発症するリスクが「0.0〜10.0」の数値で表されます。
・リスク値によって、「ランクA」、「ランクB」、「ランクC」の3段階に分類されます。
・ランクA→B→Cになるにつれて、4年以内に糖尿病を発症するリスクは高くなります。
・「ランクA(約250人のうち1人が4年以内に発症)」を1.0倍とした場合のランク別の発症リスク(相対リスク)は、ランクBが7.8倍、ランクCが16.7倍となります。
 
 

【AILS(認知機能低下)】

・現在認知機能が低下している可能性が「0.0〜10.0」の数値で表されます。
・数値によって、「ランクA」、「ランクB」、「ランクC」の3段階に分類されます。
・ランクA→B→Cになるにつれて、現在認知機能が低下している可能性が高くなります。
・認知機能が健常な方に比べて、「ランクA」では0.5倍、「ランクB」では1.3倍、「ランクC」では3.0倍となります。
 
 
【AILS(アミノ酸レベル)】
・アミノ酸レベル値が「0.0〜100.0」の数値で表されます。
・数値が低いほど、現在血液中のいずれかの必須・準必須アミノ酸の濃度が低いことを意味します。
・数値によって、「通常」「低い」の2段階に分類され、「低い」場合には、たんぱく質栄養不良、貧血、免疫・炎症の指標との関連が報告されています。

 

 

 

独自技術

味の素の長年のアミノ酸研究により、健康状態が変わったり病気になると、血液中のアミノ酸の濃度バランスが特徴的な変動を示すことがわかっています。
この技術を応用し、血液中のアミノ酸濃度バランスから、さまざまな疾患リスクをチェックできる検査が「アミノインデックス®」です。

アミノインデックスには、現在がんである可能性を調べる「アミノインデックス®がんリスクスクリーニング」と、脳心疾患リスク・糖尿病リスク・認知機能低下リスク・アミノ酸レベルを調べる「アミノインデックス® 生活習慣病リスクスクリーニング」があります。

 

 

評価対象

10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク、4年以内に糖尿病を発症するリスク、現在認知機能が低下している可能性、現在の血液中の必須・準必須アミノ酸の状態

 

 

検査方法

医療機関で採血

アミノインデックス® がんリスクスクリーニングと同時受診となり、AILS®単体での検査は不可

 

 

実施施設

1,200以上の医療機関の一部(アミノインデックスを受けられる医療機関の紹介)

 

 

価格

25,000円前後
アミノインデックス®がんリスクスクリーニング+アミノインデックス® 生活習慣病リスクスクリーニング)

 

 

検査を受ける頻度

検査開発元からのコメントを記載します。
『受診の頻度等については、医療機関の医師とご相談ください。
AILS®は採血を行った時点から10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク、4年以内に糖尿病を発症するリスク、現在認知機能が低下している可能性、および現在の血液中の必須・準必須アミノ酸の低さを評価する検査です。生涯にわたってのリスクを予測するものではありません。

 

 

検査結果

・報告書 :紙

・報告期間:検査開発元からの公開情報なし

 

 

検査結果の内容

各リスクの検査結果と生活習慣改善タイプが報告されます。
どの項目も数値が高いほど、リスクが高いという判定になります。
 

【AILS(脳心疾患リスク)】

10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクをAILS(脳心疾患リスク)値とランクで報告
 
【AILS(糖尿病リスク)】
4年以内に糖尿病を発症するリスクをAILS(糖尿病リスク)値とランクで報告
 
【AILS(認知機能低下)】
現在認知機能が低下している可能性をAILS(認知機能低下)値とランクで報告
 
【AILS(アミノ酸レベル)】
血液中の必須・準必須アミノ酸レベルをAILS(アミノ酸レベル)値と「通常」、「低い」で報告

【生活習慣改善タイプ】
糖尿病リスクとアミノ酸レベルに基づいて、「タイプⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」のいずれかが表示されます。
さらに、AILS(認知機能低下)の結果が「ランクB、C」の場合には、「*」マークが付きます。

 

 

 

検査後の対応

検査開発元からのコメントを記載します。
現在認知機能が低下している可能性、将来糖尿病、脳卒中・心筋梗塞を発症するリスクは、AILS(認知機能低下)、AILS(糖尿病リスク)、AILS(脳心疾患リスク)と、その他の検査結果と共に総合的に判断されるものです。本検査結果の解釈や他の検査結果との関係に関しては、医師にご相談ください。』

 

 

注意点

検査開発元からの注意事項を記載します。
『アミノインデックスⓇリスクスクリーニング(AIRSⓇ)は、がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、認知症かどうかを診断(確定診断)する検査ではありません。

 

 

検査情報

検査開発元の検査紹介ページ

 

 

会社情報

会社名  :味の素株式会社 

所在地  :東京都中央区京橋一丁目151

電話番号 :03-5250-8111(代) 

URL              https://www.ajinomoto.com/

設立年月日:19251217

 

 

 

類似する検査

糖尿病・遺伝子(DNA)検査3項目(プロップジーン)

糖尿病の体質に深く関与している3つの遺伝子を調べる郵送検査キットです。

生活習慣病+ヘモグロビンA1c(ヘルスウェーブジャパン)

糖尿病を含む生活習慣病の検査(23項目)を人間ドックと同等の高い精度で実施できる郵送検査キットです

ヘモグロビンA1c検査(ヘルスウェーブジャパン)

指先から採取した少量の血液から、数ヶ月間の平均血糖値を調べる郵送検査キットです。

脂質検査(ヘルスウェーブジャパン)

血液中の脂質(コレステロール・中性脂肪)を測定し、基準値と比較することで、動脈硬化・糖尿病・高尿酸血症・急性膵炎・肥満などの疾患の疑いを調べる郵送検査キットです。

尿検査(蛋白・糖・潜血)(ヘルスウェーブジャパン)

尿蛋白・尿糖・尿潜血を調べて、正常範囲の数値と比較し、陽性か陰性かを判断する郵送検査キットです。

異常値が出た場合は、腎機能障害・糖尿病・泌尿器系の疾患などが疑われます。

生活習慣病・糖尿病セルフチェック(リージャー)

12項目検査(脂質、肝機能、腎機能、尿酸値など)にHbA1cを追加した郵送検査キットです。

 

 

※上記内容は、検査販売元、または検査開発元の情報を参考に作成しております。

当サイトの情報は、各検査の精度、有効性等を保証するものではなく、各検査を受けることを推奨しているものでもありません。検査を受けられる方は、当サイトだけでなく、その他の情報も参考にして、検査受診に関する決定をご自身のご判断において行っていただくようお願いいたします。

   

Pocket

関連記事

  1. スマホdeドック 生化学14項目検査キット
  2. ソイチェック
  3. GeneLife 肥満遺伝子検査
  4. 高血圧・遺伝子検査3項目
  5. DEMECALメタボリックシンドローム&生活習慣病セルフチェック…
  6. 糖尿病検診申込セット
  7. ヘモグロビンA1c検査
  8. 生活習慣病に関するリスク検査

カテゴリー

PAGE TOP