検査

エイジングケア遺伝子検査キット

最終更新日6月 5, 2020 @ 10:50 AM

 

概要

【遺伝子博士】エイジングケア遺伝子検査キットは、老化に関連する3つの遺伝子を調べ、遺伝的に起こりやすい老化トラブルを明らかにする検査です。

 

 

 

特徴

老化に関する3つの遺伝子を調べることで、「糖化リスク」「活性酸素リスク」「過酸化脂質リスク」を明らかにします。それにより、遺伝的に起こりやすい肌や髪の老化トラブルがわかります。

・「糖化リスク」が高い方に起こりやすいトラブル

終末糖化産物であるAGEsができやすく、お肌のくすみ・たるみが起こりやすいタイプ。また頭皮の血行が滞り、髪のハリツヤが不足しがち。

・「活性酸素リスク」が高い方に起こりやすいトラブル
活性酸素が人より溜まりやすく、お肌のシミ・シワができやすいタイプ。

また頭皮ダメージにより抜け毛・白髪が増えやすい。

・「過酸化脂質リスク」が高い方に起こりやすいトラブル
過酸化脂質がつくられやすく、皮脂が詰まり毛穴の黒ずみや肌荒れが起こりやすいタイプ。
また頭皮の環境が乱れ、フケ・かゆみがでやすい。

 

 

 

 

評価対象

遺伝的に起こりやすい肌や髪の老化トラブル

 

 

 

検査方法

検査キット付属の専用綿棒で口の内側をこすり、口腔粘膜を採取し、郵送

 

 

 

検査キット購入先

 

 

 

価格

4,000円

 

 

検査を受ける頻度

遺伝子を調べるため、基本的に一生に一度の検査で完了します。

 

 

 

検査結果

 ・報告書 :アプリまたはWebサイト

 ・報告期間:約3〜4週間

 ・内容  :老化リスク、各リスクの詳細説明、肌タイプ、肌トラブルのリスクチャートなど

 

  

 

検査後の対応

遺伝的肌質・髪質に合わせた、食生活・ライフスタイルの改善アドバイスが記載されています。

 

 

 

検査情報

検査開発元の検査紹介ページ

 

 

 

会社情報

会社名  :株式会社ファインシード

所在地  :東京都港区浜松町1-2-7 ユニゾ浜松町一丁目ビル 4F

電話番号 :03-6450-1351

URL   https://fineseed.net

設立年月日:2004年9月

 

 

 

その他の検査との違い

肌質や肌老化に関わる15種類の遺伝子を調べることで、最適なケア方法や栄養成分を知ることができる郵送検査キットです。 

 

肌の常在菌(肌フローラ)を調べ、肌フローラから見た総合評価や肌の状態、常在菌のバランスを知ることができる郵送検査キットです。

 

しみ・しわ・抗酸化に関連する遺伝子を3種類調べる郵送検査キットです。

 

4つの皮膚常在菌のバランスから、肌状態を調べる郵送検査キットです。

 

 

※上記内容は、検査販売元、または検査開発元の情報を参考に作成しております。

当サイトの情報は、各検査の精度、有効性等を保証するものではなく、各検査を受けることを推奨しているものでもありません。検査を受けられる方は、当サイトだけでなく、その他の情報も参考にして、検査受診に関する決定をご自身のご判断において行っていただくようお願いいたします。

  

Pocket

関連記事

  1. S-KIN お肌バランスチェック
  2. DNA BEAUTY 肌質遺伝子検査キット
  3. GeneLife SKIN MICROBIOME
  4. GeneLife 肌老化関連遺伝子検査
  5. 肌関連検査

カテゴリー

PAGE TOP