リスク検査

アナフィラキシーについて


アナフィラキシー

「アナフィラキシー」とは、アレルゲンを食べる・飲む・吸うなどしてから、極めて短時間で全身に症状が現れる、重度なアレルギー反応のひとつです。

特徴としては、症状が全身にわたって、急速に現れることです。
特定の部位ではなく、複数の臓器(皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器など)に症状が現れます。

日本アレルギー学会のアナフィラキシーガイドラインによれば、「アレルゲン等の侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応」と定義されています。


【症状】

アナフィラキシーの代表的な症状に、全身性のじんましん、呼吸困難、血圧低下等があります。
最も多い症状としては、じんましん・赤く腫れる・かゆみなどの「皮膚の症状」です。
その他にも、粘膜、呼吸器、消化器、循環器、神経などに症状が現れます。

皮膚

粘膜

呼吸器

消化器

循環器

神経

・じんましん
・赤く腫れる
・かゆみ

・目や口内のかゆみ
・目のむくみ、腫れ
・唇、舌、口内の腫れ

・せき
・くしゃみ
・しめつけ感
・ゼイゼイ、ヒューヒュー

という呼吸音
・声のかすれ
・息苦しさ
・息切れ
・呼吸困難

・嘔吐
・腹痛
・下痢
・便意
・尿意

・動悸
・血圧低下
・脈拍数増加
・脈拍が弱くなる

・意識障害
・めまい
・しびれ
・けいれん
・耳鳴り



 

【発生と原因】

アナフィラキシーが発生する仕組みは、大きく分けて以下の4つに分類されます。

■ IgE抗体が関与する免疫学的機序
■ IgE抗体が関与しない免疫学的機序
■ 非免疫学的機序(マスト細胞を直接活性化する場合など)
■ 突発性アナフィラキシー(明らかな誘引が存在しない)

アナフィラキシーの多くは、「IgE抗体が関与する免疫学的機序」により発生しています。
代表的な
原因物質は食べ物、蜂などの毒、薬剤す。

薬剤は、IGE抗体が関与しない免疫学的機序や、非免疫学的機序によっても、アナフィラキシーの原因になることがあります。


【原因物質】

アナフィラキシーが発生する仕組み別に、原因物質をまとめました。

■ IgE抗体が関与する免疫学的機序

原因

具体例

食べ物

鶏卵、牛乳、小麦、甲殻類、ソバ、ピーナッツ、ナッツ類、ゴマ、大豆、魚、果物など

蜂、アリなど

薬剤

ペニシリンなどの抗生物質、アスピリンなどの解熱鎮痛剤、医療機関で検査に用いられる造影剤など

その他

天然ゴムラテックス、職業性アレルゲン、環境アレルゲン、*食物+運動など


■ 
IgE抗体が関与しない免疫学的機序

原因

具体例

薬剤

解熱鎮痛剤、造影剤、デキストランなど


免疫学的機序

原因

具体例

身体的要因

運動、低温、高温、日光など

アルコール

 

薬剤

オピオイド鎮痛薬(医療用麻薬)など


突発性アナフィラキシー

原因

具体例

不明

 


*アレルギーの原因となる食べ物を食べてから4~6時間以内に運動することによって、アナフィラキシーが起こることを「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」または「運動誘発性アナフィラキシー」と呼んでいます。

この場合、原因となる食べ物を食べただけでは症状は出ませんが、運動が組み合わさることによって、アナフィラキシーが起きます。


【発症期間】

アナフィラキシーの原因となる物質によって、体内に入り込むまでの過程が違うため、発症までの時間が異なります。

◆食べ物の場合
口から食道を通って、胃や腸で消化・吸収するという過程を経るため、アナフィラキシーの症状が出るまでに30分〜1時間程度かかります。

◆蜂の場合
皮膚から蜂毒のアレルゲンが直接入ってくるため、刺されてから数分〜15分程度で症状が出ます。


【アナフィラキシーが起きたら】

1.エピペンを注射する
「エピペン(アドレナリン自己注射薬)」は基本的に自分で注射します。
本人が打てない場合、保護者、救急救命士、保育士、教職員が人命救助のために注射することは可能です。
それ以外の人は、注射を許可されていないため、本人が自分で注射するのを補助するにとどめてください。

2.救急車を呼ぶ

3.安静にする
救急車等が到着するまでは、あお向けで、足を高くする姿勢で、安静にしていてください。
嘔吐してもいいように、顔を横に向けておき、吐いたものをのどに詰まらせないようにしましょう。


【エピペン】

アナフィラキシー症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤です。
アドレナリンの自己注射薬である「エピペン」は治療として有効ですが、アナフィラキシーを根本的に治療するものではなく、あくまでも対症療法です。

エピペンを応急処置として使った後は、医療機関へ受診してください。
アナフィラキシーの症状は、18時間後に再発する場合があるため、症状が良くなっても医師による治療が必要です。


【アナフィラキシーショック】

アナフィラキシーに「血圧低下や意識障害を伴う場合」を、アナフィラキシーショックと言います。
アナフィラキシーショックは発症が非常に急激で、短時間で呼吸停止または心停止に至ることがあります。

気道の閉塞を伴うため、気道の確保と酸素吸入が重要になります。
初期対応が特に重要な疾患のひとつです。


【心停止】

アナフィラキシーが原因で心停止に至った例の、心停止までの平均時間は、薬物で5分、蜂毒が15分、食物は30分と言われています。
いずれの場合も、アナフィラキシーを発症したからといって、必ず心停止に至るわけではありません。

 

Pocket

関連記事

  1. 花粉アレルギー検査(スギ・ヒノキ・ブタクサ花粉)
  2. アレルゲンについて
  3. 室内ペット アレルギー検査
  4. 花粉アレルギー検査(ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ花粉)
  5. 運動&栄養プログラム
  6. アレルギー総合検査(総IgE・スギ花粉・ハウスダスト)
  7. 目的別アレルギーに関するリスク検査
  8. 総合的なアレルギーに関するリスク検査

カテゴリー

PAGE TOP