内視鏡検査

最終更新日3月 5, 2020 @ 3:35 PM

 

内視鏡検査とは

内臓や体腔内部に機器を直接入れて観察する検査のことです。

対象となる部位は、食道・胃・十二指腸・大腸・泌尿生殖器官・気管支などです。
調べる部位によってさまざまなタイプの機器がありますが、それらを総称して内視鏡と呼びます。
 
代表的な内視鏡検査は、「上部消化管内視鏡検査」と「大腸内視鏡検査」です。

 

【上部消化管内視鏡検査】

口または鼻から内視鏡を挿入し、上部消化管である「食道・胃・十二指腸」の粘膜を肉眼的に観察する検査で、いわゆる『胃カメラ』のことです。

胃部X線検査(バリウム検査)で、食道や胃、十二指腸に疑わしい影が見つかった際、その部分の粘膜を直接観察できるため、病変の場所、広がり(範囲)と深さ(深達度)などがわかります。



がんが疑われる場合は、疑わしい組織部を採取し、粘膜の生検(組織細胞診)を行えることから、確定診断に向いています。

また、ポリープ(組織が一部突出・隆起したものの総称)の切除、早期がんの粘膜切除を行うこともできます。

 

〈異常な場合に疑われる病気〉

食道炎、食道潰瘍、食道がん、胃炎、胃潰瘍、胃がん、食道・胃の静脈瘤、十二指腸潰瘍など

 

 

【大腸内視鏡検査】

肛門から内視鏡(カメラ)を挿入し、「大腸」の粘膜に生じた病変を直接観察する検査のことで、下部消化管内視鏡検査とも呼ばれています。

前がん病変と考えられている大腸ポリープ(腺腫)の発見に最も有効な検査です。



大腸内視鏡検査では、病変の形状や大きさ、色調などを詳しく観察します。

病変を見つけたら、生検のために直接細胞を採取し(生検)、ポリープであればその場で切除・治療できる点が大きなメリットです。

 

〈異常な場合に疑われる病気〉

大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患(クローン病)、潰瘍性大腸炎、大腸憩室症、虚血性腸炎

 

 

 

  

Pocket

関連記事

  1. 免疫血清学検査
  2. 「尿」から調べる
  3. 「口腔」から調べる
  4. 検査一覧
  5. CT検査
  6. 血液学的検査
  7. 脳波検査
  8. SPECT検査

カテゴリー

PAGE TOP