インフルエンザの検査を受けるタイミング


 

インフルエンザの流行時期

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
流行シーズンは、例年12月〜3月です。
この時期に、38度以上の発熱や全身のだるさ、関節や筋肉の痛みを感じると、インフルエンザを疑います。
 
職場や学校、家族など周りの人への影響を考えると、インフルエンザに感染しているかどうかを一刻も早く知りたいですが、病院に行っても検査をしてもらえないことがあります。
 
私自身も以前、38度以上の高熱が出たため、すぐに病院に行ったのですが「まだ検査できません」と言われてしまい、家と病院を二度往復したことがあります。
 
インフルエンザが疑われる場合、医療機関を受診するタイミングはいつがいいのでしょうか?
 
 
 

診断と治療を踏まえたタイミング

現在インフルエンザの検査は、医療機関で「迅速抗原検出キット」を使って行われます。
鼻やのどの粘液を綿棒で採取し、インフルエンザウイルスの有無を調べます。
 
このキットの欠点は、インフルエンザウイルスが一定量以上に達していないと陽性と判定されにくいという点です。
このことがインフルエンザ検査を受けるタイミングと関わっています。
 
インフルエンザに感染後、インフルエンザウイルスが体内で増殖するまでには時間がかかります。
発症してから12時間経たない段階で検査を受けた場合、体内で増殖したウイルスの数が少なく、インフルエンザにかかっていても陽性の反応をしない可能性があると言われています。
 
正しい検査結果を得るために、症状が出てから12時間以降に検査を行うことが推奨されていることが、急いで検査を受けに行っても受け付けてくれない理由です。
 
 
一方で、インフルエンザの主な治療法である「抗インフルエンザ薬」を使う場合、発症から48時間以内に行う必要があります。
インフルエンザ発症から48時間以内に使用することで、ウイルスの増殖を抑えて感染の拡大を防ぐ効果があります。
 
インフルエンザの診断と治療のことを考えると、検査を受けるのは早すぎず遅すぎず、発症から12~48時間以内が望ましいと考えられます。
 
 
 

12時間以内でも検査できる場合も

最近では、インフルエンザの検査を受けるために発症から12時間以上待つ必要はないという意見もあります。
これに関しては受診する医療機関、医師により対応は異なると思います。
 
体調不良のなか、何度も受診することにならないようにするためにも、あらかじめ医療機関に連絡をしてその回答によりいつ受診するかを決めてもいいと思います。
 
ただし、症状が重い場合は無理せず受診することをおすすめします。
 

Pocket

関連記事

  1. ヒートショック・・・42度以上or長風呂派は注意
  2. 他人事ではない?不眠症・・・自覚症状がない人も
  3. 気象×医療でぜんそくリスクを予測
  4. 肺炎とはどんな病気?
  5. 癒やしだけではない、動物による健康効果
  6. たかが朝食?されど朝食・・・健康リスクとの関係
  7. わずか0.5ccの血液でアルツハイマー病がわかる
  8. 風疹の流行に備える

カテゴリー

PAGE TOP