「検査」を知る

 

「検査」と聞いて、イメージするものはどのような検査でしょうか?

 

医者から言われて有無を言わさず受けさせられるもの、手間と時間がかかって面倒、痛い、苦痛を伴う、検査が怖い、結果が怖い、部位毎に検査を受けなければいけない、など…どちらかと言えば、マイナスなイメージを持たれる方が多いと思います。

 

「積極的に検査を受けたい」と思っている方は、健康にかなり気を遣っているか、病気に対して具体的な不安をお持ちの方だと思います。

 

しかし今、従来のマイナスなイメージの検査とは異なる、新しい検査が増えています。

 

病院に行かなくてもいい、自宅で簡単に手間なく行える、数滴の血液や尿だけで調べられる、体への負担が少ない、一回の検査でいろいろなことが分かる、今までよりも早期に発見できる、など・・・検査を受ける私たちにとってメリットのある、手軽で簡単かつ、高精度、最先端な検査が数多く普及しはじめています。

 

もちろんメリットばかりではありませんが、それぞれの検査の特徴や内容を正しく理解することで、自分自身で自分の健康状態やリスクを積極的に管理することが可能となります。

健康管理を人任せにしたり、リスクを放置した結果は、最終的には全て自分自身にかえってくることを忘れてはいけません。

 

当サイトでは、最新の技術を使った検査を含めて、いろいろな検査をご紹介します。

正しく理解して、積極的な健康管理に役立てていただきたいと願っています。

 

 

  

Pocket

関連記事

  1. 血液学的検査
  2. MRI検査
  3. リスク検査とは
  4. 免疫血清学検査
  5. 「尿」から調べる
  6. ヘルス・ウェーブ・ジャパン資料
  7. 「血液」から調べる
  8. 遺伝子検査とは

カテゴリー

PAGE TOP