ヘルスケアニュース

早期発見できる子宮頸がんと、発見が遅れがちな卵巣がん

子宮頸がんは、初期に症状が現れやすく、科学的な方法によって「がん検診」としての効果があると言われています。

自治体などが行う子宮頸がん検診で2年に1回、定期的に受診する機会がありますよね。

 

一方、卵巣がんは、初期に症状が現れにくいがんです。

残念ながら、早期発見の方法が確立されておらず、簡便な検査方法もありません。

自治体などが行う「がん検診」のメニューに卵巣がんは含まれていないため、自分で定期的に婦人科系のがん検診を受けるしかないのです。

 

詳しくは、早期発見しやすい子宮頸がん・難しい卵巣がんにて、子宮頸がんと卵巣がんの特徴、原因、症状、リスクが高めの人、対策などについて、分かりやすくまとめました。

 

Pocket

カテゴリー

PAGE TOP