ヘルスケアニュース

ステージ0から・・・超早期がんを見つける血液検査

新たな早期発見の方法

日本人の死因の1位である「がん」。
がんで亡くなられる方は年々増加しています。

がんは発見が遅れるほど、治る確率は低くなり、心身に与える負担や経済的な負担が大きくなります。

早期の段階で治療をすれば、9割方が完治すると言われているため、症状が出ていない段階での「早期発見」が非常に重要です。

勤務先や自治体が実施するがん検診を受ける方も多いと思いますが、一般的ながん検診とは異なる角度からがんのリスクを調べる、新しいリスク検査があります。

 

超早期に発見する画期的な検査

プロテオ検査」は、一般的ながん検診では発見が難しい、ステージ0の段階から超早期にがんを見つける血液検査です。

この検査は、がん細胞が現れると血液中に出てくるがん関連物質を検出し、がんのリスクを評価しています。
血液(血清)からがんを検出するという世界初の技術を使い、直径0.1ミリ以下のがんも発見できることが特徴です。


検査を受ける場合は、プロテオ検査を実施している医療機関に行き、指先などから採血を行います。
食事や飲み物の影響は受けないため、食事制限等の必要はありません。
検査後、1〜2週間で医療機関に検査結果が届く流れとなっています。

検査に関して詳しくは、当サイトの「プロテオ検査」で紹介しています。

 

Pocket

カテゴリー

PAGE TOP