ヘルスケアニュース

小児ぜん息の味方となるアプリ

ぜん息は、ダニやほこり・カビなどのアレルゲン、生活環境から生じる刺激物質、天気や気温の変化などにより、気道が過敏に反応して内腔が狭くなり、その結果、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘鳴(ぜんめい)、咳や痰(たん)、息苦しさなどの症状が起こる病気です。
 
近年は、小児ぜん息の患者が増え続けているそうです。
ぜん息は天気や気圧、気温の変化で症状が悪化しやすいため、患者本人とその家族は、天候に関する情報を事前に取得し、対策を取る必要があります。
 
有益な情報が求められる中、10歳未満の子どもを対象として、気象ビッグデータと医療ビッグデータを組み合わせて気象の変化に伴うぜんそくリスク度を予測するアプリが誕生しました。
 
詳しくは「気象×医療でぜんそくリスクを予測」で紹介します。

 

Pocket

カテゴリー

PAGE TOP