ヘルスケアニュース

「風疹」は、妊婦と大人が要注意

風疹(風しん)は、発熱や発疹などの症状が出るウイルス性の感染症です。
 
妊娠中の女性が感染すると生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓などに障害が出る「先天性風疹症候群」になる恐れがあります。
また、大人になって風疹にかかると小児よりも重症化する危険があります。
 
 
くしゃみ、咳、唾液のしぶきなどの飛沫感染によって、周囲の人に感染します。
大人であれば、妊娠中の配偶者やパートナー、職場の同僚などにうつしてしまう可能性があります。
 
 
風疹の予防対策としては、ワクチン接種が有効です。

ワクチンは、自分自身を風疹から守るだけではなく、他の人に風疹をうつすことが少なくなれば、社会全体を風疹の流行から守ることができます。
 
風疹の原因や症状、予防対策などについて、詳しくは「風疹の流行に備える」でまとめました。 

 

Pocket

カテゴリー

PAGE TOP