検査

酸化ストレス検査

最終更新日6月 2, 2020 @ 3:45 PM



概要

ヘルス・ウェーブ・ジャパンの「酸化ストレス検査」は、酸化ストレス度測定と抗酸化測定を行い、体のマイナス面とプラス面から、体の状態を把握する郵送検査キットです。

 

 

酸化ストレスとは

体内で発生する活性酸素種の産生と消去のバランスが崩れることで、酸化状態に傾き、生体が酸化的障害を起こすことです。すなわち、活性酸素が過剰になる状態です。

活性酸素や、フリーラジカル*の発生は、生命維持活動の中で避けられないものですが、それらが過剰に作られると、細胞が傷ついたり、老化を促進させたりするおそれがあります。

その発生原因の多くは、過度なストレス、不規則な生活、タバコ、アルコールの大量摂取などです。

*活性酸素内にはさまざまな物質があります。

そのうち、フリーラジカルと呼ばれるものは「スーパーオキサイド」と「ヒドロキシラジカル」です。

これらは体内の正常な器官から電子を奪い、「サビつき」を引き起こします。

 

 

特徴

ヘルス・ウェーブ・ジャパンの「酸化ストレス検査」は、酸化ストレス度と抗酸化力の両方を測定しています。

酸化ストレス度の低い人が必ずしも抗酸化力が高いとは限らず、酸化ストレス度の高い人が抗酸化力が低いとも限りません。

そのため、生体のマイナス面(酸化度)とプラス面(酸化防止力)の両方を測定することで、より正確な体の状態を把握できるという特徴があります。


・酸化ストレス度測定(d-ROMsテスト)

d-ROMsテストは、生体内の活性酸素やフリーラジカルを直接計測するのではなく、酸化によって体内に生じた代謝物(ヒドロペルオキシド)を分析測定し、生体内の酸化ストレス度の状態を調べます。

・抗酸化測定BAPテスト)

抗酸化力BAPテストは、生体中の抗酸化物質(アルブミン、トランスフェリン、セルロプラスミン、ビリルビン、尿酸、還元型グルタチオンなど)が活性酸素・フリーラジカルをどのくらい打ち消す力があるかをみるもので、血液中の還元力(酸化に対抗する力)を分析測定し、数値化したものです。

 

 

評価対象

酸化度、酸化防止力

 

 

検査方法

・検査キット付属の取扱説明書に従い、血液を自己採血

・記入した必要書類と採血した検体を、クール便用の封筒で返送

 

 

受診対象者

検査販売元からの情報を以下に記載します。

『ワルファリン等の抗凝血剤を服用されている方は、ご使用できません。』

 

 

価格

・初回:15,120円前後(小型遠心機付き)

・2回目以降:12,960円前後

 

 

検査キット購入先

 

 

 

検査を受ける頻度

検査販売元からの公開情報なし

 

 

検査結果

・報告書 :紙
・結果見本:酸化ストレス検査資料・報告書

・報告期間:返送後810日前後 

 

 

検査結果の内容

酸化ストレス度測定と、抗酸化測定の結果を踏まえて、以下の4つのゾーンに分類されます。

【低酸化ストレス+高抗酸化力バランスゾーン】

「最適な状態」

・酸化ストレス度(正常)

・抗酸化力(正常)


【高酸化ストレス+高抗酸化力ゾーン】

「酸化ストレス度が抗酸化力によって相殺されている状態。改善しないと将来的に問題が起こる可能性あり」

・酸化ストレス度(高い)

・抗酸化力(正常)


【低酸化ストレス】

「全体的に免疫活動が低下している。慢性疾患の可能性。」

・酸化ストレス度(正常)

・抗酸化力(高い)


【高酸化ストレス+低抗酸化力】

「自己防衛機能の低下の可能性あり。かなり注意が必要」

・酸化ストレス度(高い)

・抗酸化力(高い)

 

酸化ストレス度測定(d-ROMsテスト)

正常(但し200以下の場合は医師の判断による)

0300 U CARR

ボーダーライン

301320 U CARR

軽度の酸化ストレス

321340 U CARR

中程度の酸化ストレス

341400 U CARR

強度の酸化ストレス

401500 U CARR

かなり強度の酸化ストレス

501 U CARR 以上

 

抗酸化測定(BAPテスト)

適値

2200 μmol/L以上

ボーダーライン

20002199 μmol/L

抗酸化力がやや不足

18001999 μmol/L

抗酸化力が不足

16001799 μmol/L

抗酸化力がかなり不足

14001599μmol/L

抗酸化が大幅に不足

1399 μmol/L以下

 

 

検査後の対応

検査販売元からの公開情報なし

 

 

精度・エビデンス

ヘルス・ウェーブ・ジャパンの検査に関する資料

 

 

検査情報

酸化ストレス検査の案内資料

検査開発元の検査紹介ページ

 

 

会社情報

会社名  :株式会社ヘルス・ウェーブ・ジャパン

所在地  :東京都港区芝2-5-10

電話番号 :03-5444-8521

URL   http://www.healthwave.co.jp

設立年月日:平成18102日(新設合併)

 

 

類似する検査

運動&栄養プログラム(サインポスト)

肥満、体内老化、動脈硬化、コレステロール、高血圧、高血糖、血栓、アレルギー、歯周病、骨粗鬆症、関節症、近視、喫煙、アルコール体質に関連する約70種類の体質遺伝子を測定して、一人一人の遺伝的体質に応じた生活習慣の改善を提案する検査です。

サビチェック(ヘルスケアシステムズ)

尿中8-OHdGの量を測定することで、酸化ストレスによる身体のサビつき度(DNAが酸化によって損傷した量)を調べる郵送検査キットです。

美容/アンチエイジング・遺伝子検査(プロップジーン)

老化の体質に深く関与している3つの遺伝子を測定し、遺伝子型から予測される体質の傾向が分かる郵送検査キットです。

医療機関で行う検査
酸化ストレス度と抗酸化力を血液や尿で調べる検査があります。

 

 

※上記内容は、検査販売元、または検査開発元の情報を参考に作成しております。

当サイトの情報は、各検査の精度、有効性等を保証するものではなく、各検査を受けることを推奨しているものでもありません。検査を受けられる方は、当サイトだけでなく、その他の情報も参考にして、検査受診に関する決定をご自身のご判断において行っていただくようお願いいたします。

 

   

Pocket

関連記事

  1. サビチェック
  2. 酸化ストレスに関するリスク検査

カテゴリー

PAGE TOP