春先の肌トラブル「花粉皮膚炎」とは?

『花粉症』というと、鼻や目などの粘膜に花粉がついてアレルギー反応を起こし、鼻水や鼻づまり、のどや目のかゆみ、くしゃみが出るといった症状がよく知られています。
 
しかし近年、花粉が肌に付着してアレルギー反応を起こし、皮膚が炎症を起こす「花粉皮膚炎」に悩む人が増えています。
 
季節の変わり目である春先は、気温・湿度の変化、乾燥や紫外線などの刺激で、皮膚のバリア機能が低下しているため、もともと肌トラブルを起こしやすい状態にあります。

肌が外からの刺激に弱くなっており、普通では皮膚を通り抜けることができない大きさの花粉などの異物が体内に入ってしまうことから、花粉皮膚炎を起こしやすくなります。

 

 

特徴・症状・対策

花粉皮膚炎は、皮膚についたものが原因でアレルギーを引き起こす「経皮感作(けいひかんさ)」による接触性皮膚炎だと考えられています。
 
花粉が皮膚の表面から繰り返し侵入するうちに、体内でアレルギー物質として認識されるようになり、肌から入ろうとする花粉を追い出すために、湿疹やかゆみなどのアレルギー反応を起こします。
 
顔がかゆい、肌が赤くなったりガサガサしたりする、顔が腫れぼったくなるなど、顔・目の周り・首などの露出している部位に症状が現れます。
 
花粉症の目のかゆみなどと違い、花粉皮膚炎は花粉に触れて赤い発疹が出るまでに少し時間がかかります。
 
 
 
花粉皮膚炎の特徴
・境界のはっきりした赤みの強い、少し盛り上がった発疹がでる

・目の周りがかゆくなって赤く腫れる
・目の周りや頬などがピリピリ・かさかさしてくる
・蕁麻疹のようにかゆみが強い
・かぶれのような症状がでる
 

症状が出やすい部位
・顔

・目の周り
・頬
・首
 

対策
・肌がかゆくても、できるだけ掻かないようにする

・花粉が直接肌に付かないようにする
・外出時は皮膚の露出の少ない服装を選び、マスク、帽子、メガネを着用する
・帰宅時、家の外で服に付着した花粉を落とす
・帰宅後は手洗いや洗顔をして、花粉を洗い落とす
・低刺激の洗顔やクレンジングを使って、余分な皮脂や汚れをやさしく洗い流す
・皮膚をしっかり保湿する
・洗濯物は乾燥機や室内干しする
 
 
アトピー性皮膚炎をもっている場合は、花粉によって顔や首の皮膚炎が悪化しやすく、全身の皮膚炎が悪化することもあります。
 
また、乾燥肌・敏感肌の人も皮膚の「バリア機能」が低下しているため、花粉が皮膚に侵入しやすく、皮膚炎が悪化してしまうため注意が必要です。

 

 

目や鼻に症状がなくても・・・

くしゃみや鼻水といった一般的な花粉症の症状がなく、皮膚だけに出る場合もあります。
花粉の飛ぶ時期になると肌が荒れる、かぶれる、乾燥するなどの症状が出る場合には、花粉皮膚炎が疑われます。
 
花粉皮膚炎かどうかを調べるには、アレルギーを専門的に扱う耳鼻科か皮膚科、内科などを受診し、医師の診察と検査を受けることがおすすめです。
 
 

  

Pocket

関連記事

  1. ヒートショック・・・42度以上or長風呂派は注意
  2. わずか0.5ccの血液でアルツハイマー病がわかる
  3. どっちなの?花粉症と風邪のちがいをチェック
  4. 風疹の流行に備える
  5. AIを使って早期胃がんを高精度で検出
  6. 1日20gのアルコールが適量・・・それって多い?少ない?
  7. 顔認証やAIの活用はこんなところにまで
  8. インフルエンザの検査を受けるタイミング

カテゴリー

PAGE TOP