リスク検査とは

「リスク検査」とは、血液や尿、唾液などから疾患の発症リスクを予測する、先進的な検査です。

 

現在、病気の早期発見は臨床検査や画像診断などが主力ですが、様々な研究や開発が進み、従来の検査で発見できる状態よりも早い段階で、リスクや兆候を調べる「リスク検査」が普及し始めています。

 

リスク検査は、従来の検査方法とは異なる新しい角度で調べているため、今までよりも手軽な方法で検査を受けることが出来たり、より高い精度での早期発見が期待できます。

 

一方で、従来の検査とは疾患を発見するアプローチが異なるために、リスク検査と従来の検査で結果が異なることがあります。

リスク検査は、疾患の最終的な診断や判定を行うものではなく、発症リスクを調べたり、疾患の超早期発見をするための検査という位置づけです。

 

このようにリスク検査の特性を十分に理解して、検査を受けることで、健康診断等では知ることができなかった体の状態や将来のリスクを知ることが出来、生活習慣等を早い段階から見直すきっかけになると考えられます。

 

 

Pocket

関連記事

  1. 遺伝子検査とは
  2. 「検査」を知る
  3. 自宅で受ける健康診断
  4. 検査一覧
  5. いろいろな検査

カテゴリー

PAGE TOP