リスク検査

スリムチェック

最終更新日2月 23, 2018 @ 8:50 AM

【概要】

「スリムチェック」は、痩せ菌(バクテロイデス菌)と悪玉菌(クロストリジウム菌)の2種類の菌を調べて、痩せ菌と悪玉菌のバランスから腸内フローラの状態を推定し、太りやすいか、痩せやすいかを評価する郵送検査キットです。

 

【特徴】

「スリムチェック」は、痩せ菌(バクテロイデス菌)と悪玉菌(クロストリジウム菌)のバランスを調べることで腸内フローラの状態を調べます。

 

痩せ菌(バクテロイデス菌)は太っている方と比べて、痩せている方の腸内に多く存在していることが報告されています。

「スリムチェック」では、あなたの腸内フローラの状態が太りやすい環境か、痩せやすい環境かがわかります。

検査方法は、RT-PCR法を用いて定量分析しています。

 

 

【評価対象】

腸内フローラの状態(太りやすいか、痩せやすいか)

 

【検査方法】

スリムチェックを購入後、採便し、検査依頼書と採便容器を返信パックに入れて郵送

 

【受診対象者】

検査開発元からの公開情報なし

 

【実施施設】

カラダチェックの各種検査キットの取り扱いがある医療機関 全国約223施設

(スリムチェックを受けられる医療機関の紹介)

 

【検査キット購入】

 

【価格】

12,960円前後

 

【検査を受ける頻度】

検査開発元からの公開情報なし

 

【検査結果】

 ◆報告書 :紙

 ◆報告期間:21日前後

 ◆内容  :スリムスコア(腸内フローラが痩せやすい環境かどうか)と、腸内フローラの状態が分かります。

 

  • スリムスコア5未満   あなたの腸内ではクロストリジウム菌が多く太りやすいです」
  • スリムスコア529   あなたの腸内ではクロストリジウム菌がやや多くやや太りやすいです」
  • スリムスコア3099 あなたの腸内ではクロストリジウム菌がやや多くやや痩せやすいです」
  • スリムスコア100以上あなたの腸内ではクロストリジウム菌が多く痩せやすいです」

 

 

【検査後の対応】

検査結果表の裏面には「おすすめの食生活」などのアドバイスが記載されています。

また、採便容器とともに郵送した検査依頼書の質問項目に回答した内容をもとに、日頃の生活での改善点を

提案するアドバイス表が付いています。

 

【精度・エビデンス】

検査開発元からの公開情報なし

 

【検査情報】

検査開発元の検査紹介ページ

 

【会社情報】

会社名  :株式会社ヘルスケアシステムズ

所在地  :愛知県名古屋市千種区千種2-22-8名古屋医工連携インキュベータ105(本社)

電話番号 :03-6809-2722(東京支社:東京都港区新橋4-6-15日新建物新橋ビル7階)

URL   :https://hc-sys.com/company/

設立年月日:平成21331

 

 

【その他の検査との違い】

腸内フローラを調べる検査はこの他に、「フローラチェック」「ビフィチェック」「マイキンソー」などがあります。

それぞれの検査の調べている細菌、検査方法、価格、受検方法の違いについて下記にまとめました。

 

〈調べている細菌〉

 

ビフィズス菌

(善玉菌)

乳酸菌

(善玉菌)

酪酸産生菌

(善玉菌)

エクオール

産生菌

(善玉菌)

バクテロイド

(日和見菌)

プレボテラ

(日和見菌)

クロストリジウム

(悪玉菌)

その他

フローラチェック

   

ビフィチェック

     

 

 

スリムチェック

       

 

 

マイキンソー

     

 

 

〈検査方法や価格、受検方法の違い〉

 

検査方法

価格

医療機関/郵送

フローラチェック

T-RFLP法:価格は安い、精度は非常に高い、測定項目数は少ない

30,000円前後

医療機関

ビフィチェック

RT-PCR法:価格はやや安い、精度はやや低い、測定項目数はやや多い

12,960円前後

郵送検査キット

スリムチェック

RT-PCR法:価格はやや安い、精度はやや低い、測定項目数はやや多い

12,960円前後

郵送検査キット

マイキンソー

次世代シークエンサー法:価格は高い、精度は高い、測定項目数は非常に多い

20,000円前後

郵送検査キット

 

 

善玉菌2種(ビフィズス菌・乳酸菌)・悪玉菌1種(クロストリジウム)・日和見菌2種(バクテロイド、プレボテラ)・その他(特定できない細菌)を調べて、腸内細菌のバランスを調べる検査です。

医療機関で検査を受けるため、郵送検査キットとは異なり、検査結果を元にした医師のアドバイスが付くという特徴があります。

 

ビフィズス菌(善玉菌)、バクテロイデス属菌(日和見菌)、クロストリジウム属菌(悪玉菌)を調べる郵送検査キットです。ビフィズス菌(善玉菌の代表)とクロストリジウム属菌(悪玉菌の代表)のバランスから、腸内フローラの環境を評価します。

 

次世代シークエンサーを使い網羅的に解析することで、腸の中の全体像を評価する郵送検査キットです。腸内細菌タイプ ・太りやすさ(FB比) ・腸内細菌の多様性 ・ビフィズス菌割合・乳酸産生菌割合 ・酪酸産生菌割合 ・エクオール産生菌割合・腸内細菌の組成グラフなどを知ることができます。

 

 

上記内容は、検査販売元、または検査開発元の情報を参考に作成しております。

当サイトの情報は、各検査の精度、有効性等を保証するものではなく、各検査を受けることを推奨しているものでもありません。検査を受けられる方は、当サイトだけでなく、その他の情報も参考にして、検査受診に関する決定をご自身のご判断において行っていただくようお願いいたします。

 

Pocket

関連記事

  1. 腸内環境に関するリスク検査
  2. 「下半身」に関する検査
  3. フローラチェック
  4. ビフィチェック
  5. 腸活チェック
  6. Mykinso(マイキンソー)

カテゴリー

PAGE TOP